特殊光装置でがん1ミリ以下も発見いけばな教室(’04.10.27)

2004年10月25日

胃がん、大腸がん術後の抗がん剤、大規模臨床試験

2005年10月25日(月)日本経済新聞より

大阪大学医学系研究科の松田教授と北川助手らは、がん患者の個人差に合わせて
適切な抗がん剤を選ぶ臨床試験を300人規模で月内にも始めるとのこと。

大腸がんや胃がんの手術を受けた患者は術後の再発防止に「5FU」という抗が
ん剤を使う場合が多いが数割にしか効果がないとされる。今回の試験では、抗が
ん剤の投与前に効果が出にくい患者を洗い出し、別の治療法を提示する、か、あ
るいは、抗がん剤を全く使わない。

今回の大掛かりで本格的な試験は初めて。京都市で27日から開く日本癌治療学
会総会で発表する予定。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
特殊光装置でがん1ミリ以下も発見いけばな教室(’04.10.27)