膀胱がんの薬効事前判定と乳がん、画像解析でリスク予測北米で抗がん剤補助薬

2004年10月07日

いけばな教室(04.10.6)

ここ2,3日に名古屋でも、一気に秋の気配になってきました。
朝晩は寒い、昼間は暑いというところです。
秋は、やはり実のものが、定番です。

花材 野ばら(赤い実のみ)立派なもの1本、ドラセナも1本、
姫ひまわり 2本ほど、白百合(シベリア)1本。

野ばらの枝の自然の丸みを生かしましょう。今日は実が主役です。
野ばらに緑がないのと、片側に重みがかかるので、バランスとして、
ドラセナの中心部分の葉の密になったところを、野ばらとは反対の
側に低く、配置します。ゆりはやや、後方にひっそりと。姫ひまわり
は根元を引き締めます。


今日の夜から、ハワイに出発です。しばらく、お休みですが写真は
次の機会に必ず、のせます。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by daisy   2004年10月16日 19:59
とっても、立派なホームページ!
さすが!我が家にいるあなたのA高校の先輩も、
一緒に読ませていただきました。
(^o^)丿  頑張ってるネ〜!


やっぱし、写真を載せてください。同じ花を買って
私も挑戦させてくださいナ〜。

日経がんニュースも知らない事ばかりで、本当に勉強になりました!これからも、チョクチョク覗かせてもらいますね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
膀胱がんの薬効事前判定と乳がん、画像解析でリスク予測北米で抗がん剤補助薬