秋の実り、少しづつエノコログサ揺れる

2018年09月13日

9月の市川万葉植物園みどころ

はい、おはようございます。          雪華ホーム

9月の万葉植物園山萩
藤棚に、今は山萩がたわわ。


9月の万葉植物園鶏頭
秋と言えば、鶏頭かな。
この写真の奥にあったキキョウは、秋の七草のひとつですが
6月頃に終わってしまうのです。

万葉集では、萩の歌は141首あるそうで、
梅や桜ではなく、最初の写真の萩がダントツでございます。
万葉の代表花は萩! と言っていいほどの、
萩ブームが起こっていたようなのです。

「秋風は 涼しくなりぬ 馬並めて いざ野に行かな 萩の花見に」
そういえば、山上憶良の秋の七草を並べた歌も、萩がトップでしたね。
「萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 
     おみなえし また藤袴 朝顔(現代のキキョウ)の花」

9月の万葉植物園ワレモコウ
吾亦紅。地味ですが、いけばなには無くてはならない秋の名脇役。

9月の万葉植物園ヒオウギ
もう、ヒオウギの花は終わりの時期ですが、がんばって咲いてた!

9月の万葉植物園にらの花
古代ではミラと呼ばれていたのが、ニラに変化したとか。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
秋の実り、少しづつエノコログサ揺れる