不思議なムードのマンサクの花映画『花戦さ』は6月3日公開予定

2017年02月01日

DVD『アデライン 100年目の恋』

はい、こんばんは。          雪華ホーム

フィッシングショー2






ラブコメ映画が大好きなのです。
ジャンルの中には、もちろんピンからキリまでの幅はあります。
『ローマの休日』のような最高峰のラブコメまであるわけですから。
古いハリウッド映画には上質なラブコメがたくさんありましたし、
2000年前後の韓国映画も『イルマーレ』のような、
素敵な作品が多く作られていたように思います。
そのほとんどもそうでしたが、
恋愛ものだけで、お話を作ろうとするとよっぽどの腕がないと、
きっとありきたりなものになるのでしょう。
そこで、タイムスリップものなどSF手法とからめて、
うーんとストーリーを飛躍させて楽しませてくれるものが、ありましたでしょう?
先日見た韓国映画DVDも、面白かったですの。
ここまで、ころころと変わると唖然としますよ。
主人公の青年が毎日毎日、目が覚めると別人に変身しているんです。
『ビューティ・インサイド』というタイトルでしたか。
男女も年齢も様々ですから。
「アリエナイ〜」を楽しみつつ、どう対処する? 
みたいなことをぐだぐだ思いながら、観るのが醍醐味でございます

今回の映画のヒロイン、アデライン嬢は29歳のまま齢をとらなくなってしまった女性のお話です。
不死をいかに捉えるか? などと野暮な難しい話は止しましょう。
実際は100歳を超えているのに29歳の姿のままです。
つまり、29歳を100年近く過ごしているという意味です。
私ごとで、あれでございますが、
お肌をリフトアップするシートパックですとか、アイクリームですとか、
しみを防ぐ美容液ですとか、増えるんですよ、化粧品がね。
でも、お肌の難点は一向に減らない

アデラインが生まれたのは、1908年1月1日という設定。
その時代時代の、最先端ファッションに身を包み、
颯爽とレトロな町並みを闊歩する様はとてもカッコイイです。
美しいだけでなく、賢くもなるし、特に歴史は得意! みたいな。
しかし「羨まし」と思うのは、最初のうちだけでございます(笑)。

正体を知っているのは、愛犬と、一人娘フレミングだけ。
娘は、普通にママを追い越しておばあちゃんになってます。
年老いた娘をいたわるアデライン。
フレミングの方も、他人には自分はアデラインの祖母だと話を合わせます。
その辺りなら、まだほほえましいことです。
容貌が変わらないことで、警官に怪しまれたり、FBIに拉致されかけたり、
身の危険を感じ始めたアデラインは、娘の安全を守るためにも、
10年ごとに名前と住居、別人のように外見を変える逃亡生活を続けています。
偽のパスポートも必要ですね。友人も作らず孤独に時を過ごしている。
そりゃあ友人も作れませんわね。でも、凄い美女ですから男は近づいてくる。無視しても。

そんなアデラインの前に魅力的な青年エリスが現れます。
エリスにどんどん惹かれていくアデラインですが、当然障壁はいろいろ……。
エリスの父親も……。

なかなかよくできた童話でございます。
まあ、年相応に老いることを是といたしましょう。はい
ブラボー!!







トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
不思議なムードのマンサクの花映画『花戦さ』は6月3日公開予定