新一年生が行く市川大野駅徒歩一分 いけばな生徒さん新規募集開始!

2016年04月21日

日経新聞コラム『プロムナード』の山口恵以子さんが面白い!

はい、こんにちは。          雪華ホーム

近所すずらん?




山口さんのコラムの前にですね、
小言をちょっと。
すごく期待していた『ミステリー国の人々』という有栖川有栖氏のコラムがあまりにもつまらなすぎ……
いえいえ、私が勝手に想像していたのと違いすぎたためにショックを受けておりました。
本格ミステリーを取り上げてもらいたかったし(これから、出るのかしらん? クリスティやクイーンが)、
世間からは古臭いと言われ様がそんなことは承知の上なわけで、
それでも本当に価値のあるものを、面白おかしく紹介できるはずなのではないかしらん、とか、
またそれが許される場を提供されているのに、などのモヤモヤでいっぱいになっておったところでございました。
有栖氏はミステリー国の人ではないんだなとすら思い始めておりました。

そこに現れたわけです。
山口氏の鮮やかな切り口がたいへん初々しくて高感度急上昇でございます。

『坊っちゃん』の感想など原作よりも抱腹絶倒でございます。こんなにうまくもちろん書けませんが、同じような感覚を実は私も抱いておりました。
漱石さんを恐ろしくて引き合いには出せませんが、日本文学はビンボー臭い作品が多い(?)ですよね。一部の私小説でしょうが。
坊っちゃんが、歳の差カップルのラブストーリーだとは思いもしませんでしたから、驚き。

最新の『民主主義とミステリー』などは、『ミステリー国の人々』のコラムに入れて頂きたいほどの、わかりやすい入門編でした。
私もこれをどこかで読みました「ある程度民主主義の機能する社会でないと、推理小説は成立しない」というのは当っているように思います。
さらに、必ず犯人が見つかるというファンタジー要素も必要ですし、有能な警察組織も控えていないといけませんよね。

しかし現実世界とは違って、本格物のお約束である「密室殺人などは論理的に可能という手品のタネのようなものがあれば、実現の可能性が限りなくゼロに近くても良い」のです。
ここらあたりが、一般の方には分かりづらいことなのでしょうか?

「ありえなーい」という非難の声に、
「まあ、そうですよね。そんなことはわかっていますよ」としかお答えできないのです。
「荒唐無稽だけど面白いのではなくて、荒唐無稽だ・か・ら面白いのです」
と、言いたいことが時々ありますのね。

本の中には、本当のことが書かれてあるところも楽しいですし、嘘が書かれてあるところも、同じように面白いと私は思うのです。
本当でないものを楽しむある程度の知恵は必要かなと。今の流行にはそれが、少し足りない気がしています。
おしゃれで高度な謎解きや、ハラハラドキドキや驚きが詰め込まれているミステリーが、私にとっての上質なミステリーだと考えます。

最近読み返した、ディクソン・カーの『皇帝のかぎ煙草入れ』などは絶品です。
ドロドロは好みじゃありませんから、これなどは洗練さと同時にトリックの妙を楽しめますよ。
ヒッチコックの『裏窓』を彷彿とさせる出だしで一気に持っていかれること必至。

私は同人誌に、時代物ミステリーを載せています。
書く方はヘタな素人ですが、読む方は面白いミステリーを愛する気持ちはとても強くて、
愛好家が増えてくれればいいなあと願っています。


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新一年生が行く市川大野駅徒歩一分 いけばな生徒さん新規募集開始!