二代広沢虎造「森の石松」 うなれTORAZO様!マジな話、「死生観」を問う映画ふたつ……

2012年06月19日

「イースターラビットのキャンディ工場」は、はずせないね

はい、こんにちは。          雪華ホーム

昇さんスカイツリーとユリカモメ





スカイツリー、なにかと話題のスカイツリー
スカイツリーは電波塔として役に立ってるそうです。
その点、
通天閣は「ただの娯楽」だそうです。た・だ・の……なんて失礼な、ふふ

スカイツリー画像、素敵な我が叔父様より頂戴致しました。
桜とスカイツリー、新名所誕生ね。

昇さんスカイツリーと桜


昇さんスカイツリーと菜の花



さてさて、今回のアニメーション『イースターラビットのキャンディ工場』は、楽しい。去年の夏に公開されていたアニメのようですね。監督:ティム・ヒルさん、さすがでございます

原題は『HOP』、ウサギがピョンピョン跳ねる意味の「跳躍」とか「飛ぶ」とかの意味なのよね。

ダメダメ主人公は視聴者(私)の投影でもありますが、大人になるために、あるいは、夢を叶えるために「えいっ!」っていう跳躍力は必要なんでしょう。この原題は、深いんですが。チャーリーのチョコレート工場の二番煎じを考えて、この日本語タイトルを考えたんでしょうね……全然違うのに。全然好みの対象が違うのにね、きっと、映画を見てないんでしょう。確かに、このキャンディ工場の映像は必見。チャリチョコは、好きではありません。

予告編って、なーんの参考にもならんけど、思い出してもらうために↓はっておきます。
予告編動画が→これかな。

この前作の『怪盗グルーの月泥棒 3D』も、すっごくいい。予告編動画→こんなんだったよね。

この二作で、ユニバーサルはディズニーを超えたね
クオリティ高い!! 

これを子供向きという方はきっと、その人が子供〜♪ 
このクオリティの高さは、もちろんCGの質の良さもあるでしょうが。
何より会話が素晴らしい。主役の青年と家出ウサギの素晴らしい「超絶漫才」! ものすごいテンポと気の利いた切り替えし、セリフの応酬は、まさにスポーツのラリー並、お見事でございます

そのセリフがいかにすごいかを思い出そうとしても思い出せない、なんという記憶力の無さ、情けない限りです。
ひとつ、思い出すのは、
イービーがピンチの時に「子供向けなのに、こんな展開でいいの?」みたいなセリフを言っているようにですね、コンセプトは、子供向けの様だけれど、子供が楽しめる要素は少ないかもしれません。
主人公の成長や友情をはじめ、親子の世代間対立、職業選択の難しさなどリアルすぎてこわいほどですもん。

ウサギやらヒヨコ、たくさんのキャンディやら、ヒヨコのお尻ダンスとかね、子供心をつかむかわいさ満点なのは言うまでもありません。ただそれは、表面的な部分。
その可愛さの中に潜ませた毒と大人の遊び心。これがこのアニメの真骨頂でしょう。

ハリウッドにやってきたイービー(ウサギくん)をスカウトするのがザ・ホフこと、デヴィッド・ハッセルホフっていう方でね、オーディションの時の2人の会話の中で「ウサギが喋っても驚かないの?」と、イービーが不思議そうに聞くのですが、ザ・ホフは満面の笑みを浮かべて「私は喋る車と友達だからね!」っていう場面がありました。私は最近のしゃべるカーナビのような最先端の車はきっといっぱいしゃべるんだろうって思いましたがね。
違うみたいです。
デヴィッド・ハッセルホフの代表作TVドラマ「ナイトライダー」ネタで喋る車とは、「キット」のことなんだそうですわ。大人でもわからんことは多々ございます

イースターとは、
十字架で息絶えたキリストが三日目に復活したことを記念するイースター(復活祭)の日は、キリスト教徒にとって最も重要な祝日のひとつ。人々はカラフルなお菓子を配ってお祝いをする大きな行事でしょうが、日本ではあまり馴染みがないですよね。

イースター・バニー(イースターラビットとは言わないみたい)とは、
英語圏やドイツでは、ウサギをかたどったチョコレートやパンが作られる。ウサギは多産なので生命の象徴であり、また跳ね回る様子が生命の躍動を表しているといわれる。あるいは、うさぎの目が、月を思い起こさせ、月は欠けて見えなくなっても、また新月から三日月、そして満月となることからやはり復活を表すものとして、キリストの復活のシンボルとされている。そうでございます。

ブラボー!!!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by takeharashizuka   2012年06月20日 00:10
雪華さま

こんばんは
コメント有難うございます。6月8日の大阪編のコメント今日読ませて頂きました。ごめんなさいね。

東京の池坊全国大会すごかったです。あんなに埋め尽くした会場に入るのは初めてでした。

長蛇の列の中で、お会い出来たらと、きょろきょろずっとしていました。

仙台の方まで足を伸ばしましたので、肝心のスカイツリーは観ませんでした。

桜のスカイツリーとても素敵ですね。大きく引き伸ばして、額に入れて飾られたら良いですね。

雪華さまの立花、自由花とやはり垢ぬけた作品に感心しています。

来年の福岡での全国大会にお目にかかれることを願いまして  それでは また ブログ楽しみにしております。
2. Posted by 雪華   2012年06月20日 08:57
5 takeharashizukaさま、おはようございます。

私も全国大会のときに、きょろきょろと探しました。五千人では探せません(笑)ねー、やっぱり。

仙台の七夕祭りに、実に11年ぶりに行く予定なんです。今から、ワクワク。

優しいお心遣いのコメント、有難うございます。
takeharashizukaさまのように、がんばらないといけませんね。
お会いできる日を楽しみにしております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
二代広沢虎造「森の石松」 うなれTORAZO様!マジな話、「死生観」を問う映画ふたつ……