風雪を乗り越えて春がくる度に帰ってくる

2011年03月18日

戻れる人は、普通に戻ろう

はい、こんにちは。     雪華ホーム

ベランダのビオラ修正

東北関東大震災で被災された方々、困難な状況におかれている方々に心からお見舞い申し上げます




「Lagaan」好きなら「Mangal Pandey」もいける〜♪停電が終わったら見てね。

「Lagaan」は1893年の北インドの村が舞台で、「Mangal Pandey(The Rising)」は、1850年代のベンガル地方が舞台のようです。かつて「セポイの反乱」として丸暗記した大事件を題材とした映画とか。もちろん、映画ですから史実ばかりではないでしょうがね。

どちらも、主演はボリウッド界のトップ男優の一人であるアーミル・カーンさん。ラガーンはハリウッドのアカデミー賞の何賞かを受賞している作品ですから、ご存知の方もいらっしゃるかもね。この方は陽気に踊ったりはしないんです。そういう作品にはこれからも出ないでしょう。私としては、その点に不満

久々に見ごたえのある映画です。歴史物が好きな方にはたまらないんじゃないでしょうか。ただ、戦いを正当化するためにはどうしても愛国主義的な言い訳を作らないといけませんでしょう?、好みが別れるかも。独立運動ととらえるにも無理を感じるけど、まあ、お気楽な娯楽映画大好きな私のぎりぎり許容範囲か。

こうゆうお祭り、楽しそう→YouTube

映画出だしのアーミルさんの威風堂々たる姿、貫禄っていうのかしらん、緊張感のある映像でございます。本気だす。


多様性のあることが自由の証ですからね。5分ぐらいユーチューブなどの画像を見ただけで、ボリウッド映画っておバカ映画しかない!とか言う人もいるんです(私のせいか?)。驚いて、否定する口の方がふさがってしまうようなこともしばしばです。

それと同じかなと思うんです。こんな時ですからね、地震や原発にまつわるデマや風評被害がたくさん出回ります。無知と根拠の無い噂は時に事実よりも事実らしかったり、不安を煽るものですから、猛威をふるってしまうんでしょう。現地でがんばってる人たちの足を引っ張らないように、被災地ではない私たちが一番気をつけましょう♪。冷静な判断ができるように、いつでも手助けができるように、普段の暮らしに戻るようにがんばろうと思います。それくらしか、できることってないし……

過度な自粛ムードはどうかなってちょっと思ったのございます。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by スターライト   2011年03月23日 01:51
どちらも観た事ないです( ;∀;)でもインドが舞台の作品ってあまりないので、機会があればチェックさせてもらいますね♪

正しい情報の入手と、影響のなかった所は普段通りが大事ですね!!
21日は雨天もありましたが、大阪の人出が思った以上に少なかったので影響があったんだろうなって思いました。
2. Posted by 雪華   2011年03月23日 22:09
スターライトさま、こんばんは。

いつもありがとう。
インド映画はまだまだ日本語字幕になってないのがネックでして。マニアックな話ですみません。でも興味を持って頂ければうれしいです。

ほんとに自粛ムード濃厚ですね。
大事なのは、被災地復興のための息の長い支援が必要になるのだと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
風雪を乗り越えて春がくる度に帰ってくる