ヒッチコックの「Mr.& Mrs. スミス」七夕には、ブルースターがいいかも

2008年06月25日

小さいけど、存在感たっぷりの姫ゆり

はい、おっはよーございます。     雪華ホーム

立花正風体。受の役枝を強調してみました。


行きは雨傘 帰りは日傘


グリーンのアンスリュームあっぷ↓


姫ゆりのあっぷ↓


ヒペリカムのあっぷ↓


・・・

池坊独特の花型、「立花」ですね。

簡単そうに見えるかもしれませんが(汗!)、やりなおしたりしてたら3時間くらいかかってしまいました。まあ、たいがい、そんなもんです。

写真では伝えられないもどかしさ(と腕の未熟さも)がありますが、やってみる価値はありますよ。達成感と圧倒的な花の存在感、一緒に感じてもらいたいな。

最初は、「自由花」から入門していって、季節にどんな花(いけばな的な広い意味でね)があるかを、楽しみながら知っていただくのが、遠いようで早道。それから、少し慣れたら「生花」で、いけばなの奥深さへと入っていくことになると思います。その後、「立花」まで、がんばってたどり着いてください。私もどの花型だって、お勉強中。立花にしても、慣れがあるんだと思います。理論とともに実践が一番ですから。

だいぶ以前に、ご主人の転勤でケンタッキー州に行くことが決まっていて、3ヶ月でいけばなをマスターして、アメリカでいけばなを教えたい、っていう方がいらっしゃいました。私のところへ来る前に既に、他では断られました、っていうことでした。「そりゃあ、断られるわよ(爆笑)」・・・無理だもの、不可能だもの。でも、説明しながらね、マスターはできないことをご承知おきいただいた上で、どんなものか実際にやってみることは無駄ではないんじゃないかと思い、引き受けました。結局、出発間際まで、4ヶ月間お稽古されました。季節が2月から5月までだったんです。日本の花木の美しい季節ではありましたが、せっかく美しい四季が日本にはあるんですけど、春だけですわね。しかも、週に一度のお稽古でね、この春の時期のはなを全て、手に入れることはできないんです。
でも、一度も休まずによくがんばられました。私もいけばなの歴史ですとか、書物で紹介できるものは、空いた時間に読んでもらえるように宿題にしました。一生懸命に力を入れたつもりでしたのよ。ほんとに。

そして、最後に言ってくださいました。「3ヶ月や4ヶ月でマスターできるようなものではないことが<よーく>わかりました。でも、楽しかったです、ありがとうございました。」って、言ってくださってね。ほっとしました。短いご縁でしたが、私にとっても貴重な体験でした。

「わからないということが、わかる」って、ものすごい劇的な体験でしょ。画期的な進歩をされたんです。それは、たぶんどんな分野でも同じでしょう。

わからないということをわかってもらえることは、私にとってもうれしいことでした。そして、その範囲で、異文化の方に日本文化を教えてさしあげることは双方にとって素晴らしい経験になるはずですから。池坊のいけばなを続けてらっしゃるだろうと思います。

あはは、オモロイっていう即興的な楽しみも必要です。私はそのために生きてるかも。

でも、一朝一夕には成果はでないかもしれませんが、それがまた、楽しみであることを、そういう類の楽しみもまたあることを知ってもらいたいと思う今日この頃なのでございます。


今日の自由花用花材は、木いちご・グロリオーサ・ブルーファンタジー。

sekkadesu at 09:47│Comments(8)TrackBack(0) ★★★「いけばな」お稽古写真集 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おとこのいけばな   2008年06月25日 19:21
う〜ん。じっくり読んでると、生け花の深さが伝わってきました。
僕も初めは「ちょろっと習って・・・。」なんて思っていましたよ。w

PS.1 社中花展、行きますね〜。

PS.2 白骨温泉、名古屋から松本経由で約4時間。
   日帰りなら早朝出発ですよ〜。
   高山経由もなかなかいいもんです。
2. Posted by ヒサト   2008年06月25日 22:00
5 ど〜も〜

すっかりご無沙汰しちゃいましたが、雪華ワールドはますます輝きを増しているように感じます。

>あはは、オモロイっていう即興的な楽しみも必要です。
>私はそのために生きてるかも。

この「遊び心」って、すごく大事だよね。
私も川柳書くとき、まったく同じ心持ちですよ。

仕事を引退されて、「老後の楽しみ」として趣味の世界に入って来られる方にも、この『オモロイ』ってところを味わってほしいなあ。
3. Posted by mecni   2008年06月26日 00:58
お稽古では 1時間ほどで
一回仕上げて また生けなおししてますが

家では じっくりと時間があるせいか・・・
ブログに載せるまで

ほんと2時間ぐらいあっという間に過ぎて
納得行くまで 作品と戦ってます^^;
でも達成感 ありますよね^^

3〜4ヶ月間の生け花で楽しい時間が
味わえたのは よかったですよね^^

あと瓶花のお話
言われてみれば・・・池坊さんの瓶花って
見ないですよね?花型にない・・・ですか?
4. Posted by hiromin   2008年06月26日 14:17
こんにちは〜^^♪
綺麗な生け込みですね〜^^いつも素敵です!
私、ヒペリカムって可愛くて大好きです!姫百合も!
アメリカに行かれた方へ教えられたお話、じっくり読ませて頂きました。。
雪華さんは誠実な方だなって思います!
その方も、いい経験になったでしょうね^^
私も、3,4か月で教えられるようになるなんて、とても思えません!
一生かけて、私は地道にやっていきたいと思っています^^そのくらい、生け花が大好きです^^
5. Posted by 雪華   2008年06月26日 20:08
rain147さま、こんばんは。

ちょろっが、見事にひきずりこまれたんですねー。先生、あっぱれですねー。

難航してるんですけど、
まだ、だいぶ先のこととして、社中展はやりたいんです。お客様1号!よろしくお願いします。

だーいぶ、遠いですね。ダーリン次第です、運転しないし、もーできないわね。三重の温泉には、ときどき行きますよ。
6. Posted by 雪華   2008年06月26日 20:17
ヒサトさま、こんばんは。

お・お久しぶりのコメントで〜ありがとうございます。
ワールドって、そんな。「ヒサトちゃんわーるど」を、超えることはできませんわあ。競うんでないって。

「遊び心」ほんとに、大切ですね。落ち込んだときとか、気分の乗らないときこそ、必要だなって思います。上機嫌のときは、自ずと飛び出しますから。
7. Posted by 雪華   2008年06月26日 20:21
mechiさま、こんばんは。

あー、写真撮影の時間を入れるとね、もっとかかってます、立花の場合・・・(どんだけ〜)。

瓶花ね、無いかも。さっきね、普通の花瓶に生けてみたんですが、難しいわ(笑)。オセーテ。

まあ、便利なことに強いて言えば、自由花として、生けることはありますよ。花展などでもたまーに見ます。

8. Posted by 雪華   2008年06月26日 20:42
hirominさま、こんばんは。

せ・誠実な雪華でございます(爆)。
うれしいなあ、ほんとにありがとうございます。

そういうつもりで、書いたわけではないんですけど、無意識に自分を良く見せようとしてしまうのかもしれませんねー。

一般の方の感覚といけばな中毒にどっぷりつかってる人間とでは感覚が違いますでしょう。
ときどき、標準にどもしておかないといけないかなって思うときがあるんです。無理なんだけどね、気持ちだけ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ヒッチコックの「Mr.& Mrs. スミス」七夕には、ブルースターがいいかも