DVD「キサラギ」観たよ最近、どんな夢見ました?

2008年05月28日

アリアムリーキで、はずむ気分を!

22b7505d.JPGはい、こんにちは。     雪華ホーム

今日の新風体の生花か自由花用の花材(左から)

すかしゆり、1本。
丹頂アリアム、3,4本。
ニューサイラン、2本。


下の写真は、横広がりの立花のお稽古をしましたので、それを↓。
テーマは同じです。丹頂アリアムの茎の線を楽しく。


   丸い星 ころころころころ どこへ行く


丹頂アリアムのあっぷ↓


ゴチシャ(月見草)と桜草のあっぷ↓


グリーンのスプレー菊あっぷ↓


開花のオクロレウカ・・・珍しいでしょ↓


・・・



今日のは、「これならわかる池坊いけばな(1)立華」の107ページのを参考にして生けました。先週の芭蕉の葉がまだ、使えそうかなって思ったんですが、ちょっとくたってしてまして、没。他にもいろいろ、真似しているつもりでも、花材も形も、やっぱりうまくはいきません。なぞることも難しいものです。自分の幅を広げるためには、真似ることは必要なことなのだと思います。

お習字をね、誰でもやりましたでしょ。楷書、行書、草書ってありますけど、いけばなにも真、行、草って、ちょうど同じようなものがあります。日本人ですから書道を本格的にやっていなくっても、あの人の字はきれいだなあ、とか、上手だわあ、とか普通に判断できますね。それは、小さい頃から、お手本となるべき字を知らず知らずのうちに何度も何度も見て、手はその字を再現することはできなくても、頭の中には美しい字とはどういうものを指すのかを、だいたいは感じ取っているからだと思うのです。
いけばなに接したことがない環境であった方に、よく聞かれるんです。花自体はきれいだと思うけれど、その生け方がいいとか悪いとか、さっぱりわからないです、ってね。
ですから、書道と同じように何度も美しい、いけばなを見ていただくしかないのかなと感じます。ただ、この美しい・・・の基準がたった一つでないんです。ある、ひとつの流派の美が全てではないことはあるかもしれません。それが、混乱させる要因のひとつかもしれません。書道も、子供のお習字ではなくって、もっともっと極めれば、芸術的な世界に入りますわね。華道も、基本はこれらとよく似てるように思います。

芸術性はともかく、生活の中でいけばなを楽しむ技術は間違いなく得られるでしょう。池坊のブランドは世界中同じ(基本的に理想とする精神は)なわけですから。

その先の・・・私自身にあるかどうかわかりませんけれども、うーんと先に自分らしさがにじみ出るような作品が生けられるようになれれば、いいのですが。ね。一緒に、お互いの個性を探しましょう。人それぞれのゴールがあるんでしょうが、私にとってはそれを、探す過程が「道」なのかなあって、今現在は思っています(人の気持ちは、変わるのよね、これが)。うーん、楽しいことを極めたい・・・かもしれないし、いろんな花に接したい・・・かもしれないし。単純に、きれいだから、元気をもらえるから、かも。

sekkadesu at 13:37│Comments(2)TrackBack(0) ★★★「いけばな」お稽古写真集 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mechi   2008年05月29日 00:48
雪華さんの生け花にも丹頂アリウムが^^
最近 この花材に出会うのが多くて
いろんな生け方で楽しんでます^^

動きに特徴ありますよね
生け花ステキです^^


私は生け花を習ってるから 流派が違っても
生け方も見てステキですよね〜って言いますが

習ってない方から 私も聞かれた事ありますよ
よくわからないけども お花は綺麗ねって^^

生け方が知らなくてもいいんです
お花が綺麗ね〜っていう気持ちだけで^^

私も自分らしい作品 作りたいです^^
2. Posted by 雪華   2008年05月29日 13:28
mechiさま、こんにちは〜。

丹頂アリアムは、いいですよね。
いけばなの持つ空間の良さを発揮できる格好の花材のひとつです。好きなんですけど、ニオイがね。まったく、ネギでしょ。大量にあると、けっこう、キツイ。お部屋の香水をシュッシュしないと。午後からは、アロマ焚きましょ。

お花が綺麗ね〜っていうのは、原点ですもんね。

かえって、あんまり作りこみすぎて、何これ?みたいになることもありますけど(笑)。
原点にときどきは、戻らなきゃなあ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
DVD「キサラギ」観たよ最近、どんな夢見ました?