日本庭園の緑力?!池坊東京花展(銀座松坂屋)、見にきてね〜

2008年04月24日

やっぱり赤いカーネーション

はい、こんにちは。     雪華ホーム

こちらでは、1日中雨模様。よく、降るもんです。今週は、お風呂のリフォームをしてもらいました。だいぶ、気になっていたので、すっきりときれいになり、ご機嫌です。お母ちゃん、お義母さん、また遊びに来てください(あー業務連絡???家庭内連絡???)。



中心部(カーネーション、ステルングーゲル)あっぷ↓
カーネーションの花びらに雨のしづく付き


どうだんつつじのあっぷ↓


♪♪♪「未来へ


母のイメージは、お買い物かごなんです。

今は、エコバッグなどおしゃれなのがたくさん売られてますが、そういうんじゃなくって、プラスティック性だったかなあ、軽いけど硬いしっかりしたつくりのお買い物かごでした。どこのお母さんもみな、似たようなものを腕にかかえて、その中に財布をポンとむき出しに収めて持ち歩いていました。私の育った大阪の阿倍野区というところには、王子商店街(あれ?漢字はどうだったっけ?、忘れてしまいましたけど・・・)オウジです、音は。かなり長い距離で、アーケードのある大きな商店街でした。二つのスーパーマーケットがあり、公設市場があり、その間には小さな個人商店が相当数、軒を並べています。夕方ともなると、ものすごい人で賑わっていまして、でも、かばんにお財布、ポンで、すりにあうなどという心配はしたことがなかったと思います。それより、母はよくお財布を落としたり、忘れてきたりしてましたけど・・・。

「オウジに行ってくるわ」で、お買い物です。小さい頃は、母の付属物ですから、一緒に行くわけです。
「これ、こうてえなあ(買って〜)」って、かわいい洋服を見ては、またおいしそうなお菓子を見ては、連発するんです。
母は、「また、今度な」って、決まってそう言いました。
ほんとに小さい頃は、「今度」という日がホントに近い将来にやってくるものと、信じていました。でも、やがてあっという間にひねくれて、「買わない」って言えばいいでしょって、むくれることになります。
私の当時の親しいお友達は、お金持ちでいいなあ、何でも買ってもらえて・・・そう、思っていました。それは、今も同じです。値段札を見ないで買い物がしてみたいです。車で、一週間分買い置きしているというような今風の家庭ではなくて、ほとんど毎日、日課のように買い物に行くのです。ですから、今思い返しますと、当然、その晩のご飯や次の朝ご飯のおかずなどばかりです。そんなに楽しい買い物というわけではなかったのかなあとも思います。
貧乏ですから、その買い物かごに入ることができた品物は、ものすごい競争率を突破したものだけ・・・なんです。
これは、絶対必要なんだから〜って言うものでも「あー、今日もまた、今度な!」で終わった、嘘つきやわ〜って思わないでもなかったんです。

でも、ひょっとして、買いたくても買えなかったのかもしれなかったわけで。母の気持ちの中では、ほんとに、「今度」だったのかもしれません。そういう商品もなかにはあったでしょう。今、子供服を買ってもらっても困りますけどね(笑)。

自分の欲しいものしか眼中にありませんでしたが、母の楽しみのものがその買い物かごに入ることも、めったになかったように記憶してます。

それでも、女性はショッピングが大好き。今の母より年上だった頃の祖母も、この商店街が大好きでした。ぶらぶら〜って歩いて、見てるだけでも充分楽しいのです。そして、わずかばかりの「こんなんこうて(買って)きた〜」って、分かち合える家族のいることが楽しいのだと思います。

今日は、かごにいっぱいのカーネーションを生けました。

sekkadesu at 16:37│Comments(8)TrackBack(0) ★★★「いけばな」お稽古写真集 | ★★本・コミック・芸術鑑賞・音楽・ラジオ/TV等の感想

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ローズマリー   2008年04月24日 22:24
 雪華様こんばんは♪

 懐かしいですね、そういえば、私も小さい頃は、お買い物を見た記憶があります。母たちは持参して、買い物にいっていましたよね、いつから持たなくなったんだろう・・・・。

 でも、お母様の今度ね!を信じていた頃の雪華さんは、さぞ可愛かったのだと思います。私は、母におぶわれながら、家に帰って降ろすと、手にお菓子にぎっていたなんてことがあったようですから・・・。
2. Posted by mechi   2008年04月25日 00:45
すてきです^^

こういうのを母の日に送ったら
喜ばれますよね^^

雪華さんは阿倍野出身なんですね^^
会社が終わって 職場の人と食事に行きましたよ^^
阿倍野駅付近にお食事するお店
いっぱいあったんですよ^^

3. Posted by おとこのいけばな   2008年04月25日 07:22
かすかな記憶にあります。母の買い物籠。
頑丈なヤツだったような・・・。
いつしか紙袋になり、ビニール袋になり。

せっせ、ありがとうございます。
なんか心地よい記事と作品を見させていただきました。

今年の母の日は、どんなことしようかなあと思います。
まあ年に何度か自分なりの親孝行はしてますが。w
4. Posted by ジュンペー   2008年04月26日 13:20
こんにちはー

懐かしくて、しばらく記憶が当時に戻りました。
王子商店街は今もありますよ。
でも、活気がなくなって公設市場も総合スーパーに
変わってしまってます。昔、ニチイとかも
あったよねー。覚えてる?
そうそう、ボウルカスタムもついに去年の夏に
つぶれてしまいました。残念・・・

でも、あちこちに昭和の雰囲気のお店も
まだあって、下町情緒残してます。
5. Posted by 雪華   2008年04月28日 22:35
ローズマリーさま、こんばんは。

会計を済ましていないものが、手にしっかりと握られていたという逸話と近所のいじめっ子をやっつけたという武勇伝は、永遠に語りつがれることでしょう(笑)。永遠に、我等のアイドル!。

ちょっと、ホームシックかも・・・。はは。
6. Posted by 雪華   2008年04月28日 22:42
mechiさま、こんばんは。

阿倍野をご存知なのね。ここのところ、京都止まりで、大阪にはご無沙汰なんです。繁華街の方は賑やかになってるんでしょうね。うちの最寄の駅は昭和町駅。なんかこの名前もレトロになってきたー。昭和は、遠くなりにけり???。

母の日には、結局それらしいことはなーんにもしてないんですけどね。今年もどうなることやら。いけませんね。
7. Posted by 雪華   2008年04月28日 22:50
rain147さま、こんばんは。

親孝行ですよね。よくできた息子さまだこと。
あの、買い物籠は見事に無くなりましたね。

「せっせ」っていうのは、きっと、「せんせ」って書いてくれたんだと思います。けど、訂正して間違ってるとこっぱずかしいので、そのままにしておきます。流派も違うし、全然、先生ではないんですけど、いつもそう呼んでいただいてありがとうございます。いや、待てよ「せっか」かなあ?
8. Posted by 雪華   2008年04月28日 23:03
ジュンペーさま、こんばんは。

わーびっくりしたあ。王子は、この漢字でしたね。ニチイとサカエがあったですよ、覚えてる覚えてる〜。
小学生の高学年ぐらいになると、どうせ買ってもらえないなあって思って、そんなに買ってくれとは言わなくなりましたけど。本文中のお金持ちのお子は、あなたあなた。あと、Hヤンもね。

下町だよね。でも、お好み焼きをおかずにしてご飯を食べる人なんか、いないよね?。これ、するでしょって、よく聞かれるんです。聞かれるというより、断定されてるみたい。不思議だなあ、最近そうなったとか?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日本庭園の緑力?!池坊東京花展(銀座松坂屋)、見にきてね〜