天白川の桜もスゴイけど、道端の花も負けてない!花梨(かりん)で、自由花

2008年04月08日

木瓜(ぼけ)の花

はい、こんばんは。     雪華ホーム

昨夜は、雨風がすごかった〜ですが名古屋では、今日の午後には嘘のようにいいお天気でした。その雨のせいもあってか、桜は木についている花より地面に貼り付いている花の方が多くなりましたね。ほんとに、つかの間ね。
↓の写真は、近所の木瓜(ぼけ)です。ばかにして言う「ぼけ」(ぼけぼけ言うな)とは違う意味なんでしょうが、ちょっとかわいそうな名前。一説によると、花期が長くていつどき知らずに咲いてるので、ぼけてるって呼ばれたということもあるらしいのです、真偽のほどは、わっかりません。わっかりませんけど、いつでもあって有難い気もするんですけど、日本人的感情としては旬がはっきりとしている方を尊ぶようなところが、そう言わせたのかもしれません。



・・・


まっ私が考えたとことでどーなるもんでないんですけど、つらつら思ったことを。

先週だったかなあ、ちょっと前ね。
地下鉄の車内で、若いママが背中にあかちゃん(性別年齢不明)、それから、一番上の女の子(うーん、5歳くらい?)、次の男の子(全然わからないけど、3歳くらいかなあ?)、子供3人連れて乗ってました。目的の駅でね、降りようと出口に急ぎますでしょ。「早く、早く、降りるわよ。いらっしゃい。」って、背中の子以外の二人を促すんですね。男の子は、ここどこ?みたいな、ぽっかーんってしてます。女の子は、主張してますわね、「あたし、もうちょっと乗ってる〜」???なに、それ〜。

そこに、私の前の座席に座っていらっしゃった、おばさまがた、4人連れ。ものすごい手際の好さで、自然に二人に手分けして「はいはい、おいてかれる〜」って、男の子の手をやさしく引いてあげて出口の方へ。もう一人の女の子には、後ろから両肩をゆっくり押しながら、「ママと一緒が一番でしょ」とかって、うまいこと言いながら、扉にまで、見事に押しやったんです。3人がなんとか、降りたところで、ピシャッとドアが閉じました、めでたし。めでたし。ホームのママの、声はもう聞こえませんが、お辞儀を何度もされていました。あっぱれ!!!名古屋のおばさまがた。

まあ、そのあとのおばさまたちのかしましいこと。かしましいこと。だいたい想像がつかれると思います。
「3人子供いたら、もう、たいへんでいかんなー。」「わたしの主人は仕事人間だったもんで、育児なんか、なーんもせんだった・・・」「そやそや」わあわあ。

それ、見てて思ったんです。
私の好きなラジオZIP−fmの昼間のデイルさんの番組で、いっつも、いろんなテーマでね賛成なひと、反対なひとって、意見を募集してね。最後に集計するんです。そのときのテーマは、たしか「3人乗りの自転車をどう思いますか」っていうようなテーマのときがありました。自転車の前と後に子供を乗せてコグことについての是非を問うものでした。

実際に3人乗りをしている方たちとて、「このスリルと冒険心が子供に良い影響を与えるわけです」などと積極的に肯定している人はいませんでした。好きでやってるわけでもなく、仕方ないんだっていう悲鳴のように聞こえました。さらに、子供を増やせ増やせって、政府は言ってるくせに、育てる環境を何一つ作ってないじゃないか、っていう抗議でもありました。母親の苦しさをなんも理解してないことの怒りが、そういう感情にさせるんだろうなあって、追い詰めてるのかなあって・・・。地下鉄の中のおばさまたちのような方が地域にいっぱいいらっしゃれば、いや、いらっしゃるんですよ、たぶんね。子供たちを見ててくれたら、助かるのにね、って思いました。。。

私も子供がいませんから、ほんとの育児のたいへんさなんかなーんもわかってないんです。でも、想像するに、もし3人乗りしている若いママの母親の立場だったとして(その自転車には、娘と二人の孫が乗ってるわけで)、しょうがないよ、そうするしかないんだもん、わかるわかる・・・って、言うんでしょうか?そんな、耳障りでないわけのわかったようなことが言えるのかなあ?ってね。「危ないから、やめなさい!」って、言うんじゃないのかなあ。

だけど、現実には3人乗りするしか方法がないわけですよね。そんな世の中を作ってしまったんですよね。私の意見としては、3人乗り自転車は反対だ・・・でも、大きな声では言えない・・・ジレンマの中にいます。

テレビのニュースで、三人乗りできる安全な自転車をどこかの企業が開発してるのだそうです。かるがもの親子からの連想でね、後ろに二つ小さな座席がつながってるんです。電動ですから、重みでふらつくことはないのだとか。しっかし、価格が7万円だったか、8万円です・・・これ売れると思います?。必要な期間は長くても数年のことですからねーどうよ。

蛇足だけど、自転車は被害者になるばっかりでもないでしょ?。軽車両のはずだけど、歩道を通行しますもん。歩行者からすると、こわ〜い。

sekkadesu at 22:51│Comments(4)TrackBack(0) ★★本・コミック・芸術鑑賞・音楽・ラジオ/TV等の感想 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おとこのいけばな   2008年04月08日 23:06
木瓜って、実が瓜みたいだからという説も。
木になる瓜で「もっけ」これが「もけ」に変化し、
最終的に「ぼけ」になったという説。
いづれにせよ、なんとなくかわいそうな名前です。

企業でも人材育成においては「下町型」が望ましいですよね。
周囲が色々と世話をやく。気にかける。
うちの病院、「下町型」が苦手のようです。
変にみんな仲良くって雰囲気が・・・。
(これ以上はグチになるので止めますね。^^)

ちなみに自転車は車道を走らなければなりません。
歩道を走るのは、厳密には禁止なんですよ。
2. Posted by mechi   2008年04月09日 00:38
生け花をし始めたから 漢字などを調べて
こういう字なんだ〜とか覚えるようになりました

最初 ボケの木とか聞かされても
ぼけ・・?とか不思議な感じでしたよ^^

お花の名前の説とかを調べると
なるほど〜って分かって面白いですよね

3人乗りの自転車姿は よく見かけますね
たしかに見てて恐いですが
乗ってるお母さんがたは 恐いとか言ってられないですもんね
すごいパワーです


3. Posted by 雪華   2008年04月09日 17:54
rain147さま、こんにちは。

もっけ・・・なのか。
誰かの本で、見たのは漢名の木瓜がボケと音読みするらしいので、それがそのまま日本に渡来したという説です。それで、漢字でことさら表記しておいたんです。
それが、「もっけ」なのかしらん?中国人に聞いてみて〜(笑)。

仲良くって、いいじゃない。うらやましい職場ですこと。あのー親切とおせっかいは、紙一重ってとこありますけどね・・・。おせっかいぐらいに親切にした方がいいのよ、そう、思います。
4. Posted by 雪華   2008年04月09日 18:03
mechiさま、こんにちは。

ほんと、ほんと。
それ、激しくあります
物の見方が確実に変わりますよね。すっべてのことに関心をもつ時間も能力もありませんが、好きなことには熱中しますから。

死亡事故や重度の障害を負うことがしばしばあることは事実ですもんね。ヘルメットは少なくとも、着用せんとね。事故が起きてからでは、取り返しがつきませんもの。

母は強し!っていう言葉はホントだわねー。偉いと思います。私には、成せない仕事でした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
天白川の桜もスゴイけど、道端の花も負けてない!花梨(かりん)で、自由花