「奥」の概念にみる日本文化香港でのお買い物自慢!

2008年01月23日

寒中見舞いは、春の花で。

693b8a5b.JPGはい、こんばんは。     雪華ホーム

今日の花材(左から)

こでまり、1本。
チューリップ、2本。
ぜんまい、3本。


   枝垂れる  果ての先っぽ  天を見る

こでまりのあっぷ↓


チューリップのあっぷ↓


チューリップ横顔のあっぷ↓


ぜんまいのあっぷ↓

・・・



寒中お見舞い申し上げます。
ほんとに、さぶい

でも、花屋さんの店先は春爛漫。あまりにも爛漫すぎて、少し心配になるぐらいです。こでまり、桜などは、通常より早い出だしのようですし、ここのところ例年、チューリップは年末から登場してますしね。
お野菜などと同じで旬がわかりづらくなる傾向にはありますが、いけばなとして、季節感の表現は切り離すことのできないもののひとつと思います。いちを、寒くっても、新春と呼ぶ1月を迎えるまでは、春ものはじっと我慢しているのです。我慢して、我慢して、一気に喜びをかみしめましょう。ふふ、春は大好きな季節ですから。

こでまり、小手毬とも書きます。白くて丸い手毬が弾んでいるようなかわいさ。チューリップもさまざまな種類のものがでまわり、選ぶのに目移りしそうです。今回のは、ユリ咲きタイプのもの、ツンツンしたはなびらです。食用のぜんまいを最近は食したことがないんですが、この花材は、硬くって食べられそうにありません。菜の花とかも、食べられたとしても、食べない方がいいと思います。たぶん、観賞用の肥料がいっぱいかかってるでしょうからね〜。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たま   2008年01月23日 22:26
ありがとうございました〜。

アトリウムって、売店の前の広場(?)みたいな
所です!

できれば女の子の像の近くにいるようにしますね!

楽しみにしてます♪
2. Posted by れっきゅん   2008年01月24日 15:05
こでまりってかわいいですよね〜♪
シュガーアートで作るとお花のひとつひとつが
小さいので、大変ですが^^ゞ

チューリップは、もう店頭にも出ていますよね〜☆
近頃は色々な種類があって、楽しいですξ*^▽^*ξ
3. Posted by 雪華   2008年01月24日 22:44
たまさま、こんばんは。

こちらこそ、覚えていてもらえてうれしいわあ。ありがとうございます。
あそこですね、吹き抜けで明るくっていいところです。・・・女の子の像、どこにあった???大丈夫、大丈夫探します。普段、なーんも見てないのですわね。

楽しみです〜。
4. Posted by 雪華   2008年01月24日 22:50
れっきゅんさま、こんばんは。

こでまり、かわいいです。でも、こんなにちっちゃい花をひとつひとつ作るんですねー、やっぱり、器用です。

切花の出回りは早いですね。黒いチューリップもあったような。最近は形も色も豊富になりました。花壇では、背の低い土に埋もれてるようなタイプのものがよく見かけますねー。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「奥」の概念にみる日本文化香港でのお買い物自慢!